Bトレ サンシャイン ラッピング車HPT版

「Bトレインショーティー 伊豆箱根鉄道3000系 ラブライブ!サンシャイン!! ラッピング電車 HAPPY PARTY TRAIN」が発売されたということで買いました。
20180313001.jpg
前作の「Bトレインショーティー 伊豆箱根鉄道3000系 「ラブライブ!サンシャイン!!」 ラッピング電車」からおよそ1年ぶりです。時が経つのが早いですな・・・。

前作同様、ちょっとしたレビューを・・・。ご参考までに。
「先頭車 クハ3506(3年生)」の中身
20180313002.jpg
パーツ数は前作とさほど変わらないです。

今回増えたのが、ヘッドマークなどが付いたステッカーでしょうか。
20180313003.jpg
これをハサミなどで切って車体に貼ります。

続いて車体側面の絵柄を
20180313004.jpg
印刷のズレは無さそうです。キャラたちの顔も良く分かりますし、彩色は良いかと思います。

組み立てますが今回もNゲージ化するので、バンダイ製Bトレインショーティー専用「走行台車T改」を使います。
20180313005.jpg
余談ですが、このキットを某通販で買ったのですが、箱の接着力が無くなっていたようで、画像の様にパッカリ開いていました。
20180313006.jpg
中身は問題なかったのですが、最初これを見たときは焦りました。

組み立て自体は、接着剤が不要で簡単なのですが、今回はステッカーを切って貼る作業があります。これが地味に大変です。
先頭車の全面だけでも、先頭車前面・行先表示・ヘッドマーク・車体番号そして「ワンマン」と書かれたステッカーを貼らなければなりません。
20180313007.jpg
今回、行先表示は「修善寺」に、ヘッドマークは「HPT」にしました。
20180313008.jpg
車体側面は行先表示・車体番号・優先席のみです。

「先頭車 クハ3506(3年生)」の組み立ては以上になります。「先頭車 クモハ3011(2年生)」も同様の組み立てになるので省略します。

続いて「中間車 モハ3012(1年生)」です。
中間車は、妻板・側面の絵柄・屋根にある突起に注意が必要です。妻板は配管が両側にあるもの、かつ屋根の突起がある方が修善寺方面になります。側面の絵柄でいえば、善子ちゃん側になります。
20180313009.jpg
また、中間車にはパンタグラフがあります。Bトレキットのままでは、パンタグラフが下がった状態にしか出来ないので、ディテールアップとしてカトー製「阪急用パンタグラフ PT4806-B-M」を使いました。

パンタグラフを変えるだけでかなりディテールアップします。
20180313010.jpg
画像ではまだステッカーを貼っていない状態ですが、中間車は行先表示・車体番号のみなのでかなり楽です。

ステッカーを貼ったところで、前作と比較です。
お分かりかと思いますが、両車両でパンタグラフの形状が異なります。
20180313011.jpg
前作の車両(左奥側)は第1編成のもので、昔ながらの横に長いタイプのパンタグラフです。某Wikiによれば実車は「KP62AS形」とのこと。なお、画像のNゲージはそれに近い「PS16形」のモノを使用しています。
一方、今作のHPT仕様の車両(右手前側)は第6編成のもので、新しいタイプのパンタグラフだそうです。同Wikiによれば実車は「PT48系」とのこと。

前作のラッピング車とは形状が違いますので、パンタグラフのディテールアップの際は注意が必要です。

いろいろ書きましたが、完成です。
20180313012.jpg

最後に、昨年5月に制作した「無名踏切」のジオラマを使って簡易的に撮影してみました。
20180313013.jpg

20180313014.jpg

20180313015.jpg

20180313016.jpg

20180313017.jpg

Bトレ サンシャイン ラッピング車HPT版はこれにて、次はCV-6の制作を進めます。

近況(2018/03/04)

間が開いてしまいましたが、模型制作は進めています。
記事にするにはそれほど進んでいないので、雑多な報告です。

☆CV-6
CV-6エンタープライズは、飛行甲板の塗装を進めています。白線と船体色を塗装すべくひたすらマスキングをしていました。
ついでに昨年組み立てだけ行ったBB-57サウスダコタの塗装をすべく、サーフェイサーを吹きました。奥にある船体がBB-57です。
20180305001.jpg

また、この間にエフトイズ製1/144スケールの五式戦闘機I型甲と艦上偵察機 彩雲11型を組み立てました。
20180305002.jpg
気になる点もありますが、とてもディティールが良くてカッコいいです。

各模型の詳細は、後ほど記事に挙げる予定です。
今回はこれにて・・・。

WF2018冬

「ワンダーフェスティバル2018[冬]」お疲れ様でした。
20180219001.jpg
今年も晴れましたが、風が吹いていて寒かったですね。

いよいよ、アズールレーンのフィギュアが本格的に出るようですね。「赤城」、「加賀」などが発表されましたが、推しの「エンタープライズ」が無くて残念でした。
個人ディーラーさんもアズレンのフィギュアを出していた所もありました。ですが、ほんの数か所ぐらいで、まだまだこれからという感じがしました。夏に期待したいところです。

それから、ラブライブ!サンシャイン!!の「figma」を見てきました。
ついに9人全員が展示されていたので、写真を撮ったらまさかのピンボケ・・・。せっかくなので、画像は載せておきます。
20180219002.jpg

あと、figma10周年ということで配布されていた「figmaマフラー ver.2.0」を手に入れました。
20180219003.jpg
中身は真っ赤なマフラーです。「神田川」かな?あれは手ぬぐいか・・・。
赤いマフラー、どっかで見たことがあるなと思っていたら、ガールズ&パンツァーの「カエサル」が赤いマフラーっぽいモノを巻いていたなと思いだし、試しにfigma秋山殿に付けてみました。
20180219004.jpg
うん、お似合いですね。

エフトイズ 日本の偵察機

エフトイズ製1/144スケール「ウイングキットコレクション16 日本の偵察機」を箱買いしました。
20180212001.jpg
ラインナップは、「百式司令部偵察機III型」、「九七式司令部偵察機 I型」そして「艦上偵察機 彩雲11型」です。

各機体3種類の全9種類と、シークレット1種類の合計10種類のラインナップです。
20180212002.jpg
私が開けて確認したところ彩雲のAが(1)、Bが(2)、Cが(3)で九七式偵察機のAが(4)、Bが(5)、Cが(6)で、百式偵察機のAが(7)、Bが(8)、Cが(9)で、シークレットが(10)の所にありました。こういうものは、順番通りに並んでいると聞いたことがあったのですが、この箱の場合、(6)~(8)が並んでいませんでした。
20180212003.jpg
ご参考までに。

シークレットは一応「シークレット」なので「続きを読む」からご覧ください。

CV-6の制作の合間に作りたいと思います。他にもエフトイズの航空機を未だに作っていないモノもありますので、こちらもボチボチ作りたいと思います。

続きを読む

試製 ダンボー 寿太郎みかん仕様

今日から寿太郎みかんの販売が開始されたということで、1/12スケールの段ボール(寿太郎みかん)の他、「ダンボー」の寿太郎みかんバージョンを即席で作ってみました。
20180203001.jpg
1/12スケールの段ボールは、以前制作したものを再び印刷して作ったモノです。
ダンボーは、コトブキヤ製の「ダンボー・ミニ」です。こちらを素組みで作り、顔の上から「寿太郎みかん」の箱絵を印刷したものを被せただけです。

即席なので、かなりアラがあります。いろいろ手を加えつつ、改善させていこうと考えています。
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示