無名踏切のジオラマ 完成

何とか「HAPPY PARTY TRAIN」が発売されてちょうど一ヶ月が経つ日に完成することができました。
ジオラマの詳細や制作過程は後日書きます。
20170505001.jpg

無名踏切のジオラマ 完結

一部修正してからジオラマを撮影しました。
ツイッターにアップした画像ですが、こんな感じになりました。
20170506001.jpg

20170506002.jpg

20170506003.jpg

20170506004.jpg
PVと現地を見た方ならわかるかもしれませんが、今作は双方を織り交ぜたものとなっています。

以下、制作過程になりますが、制作過程の画像を撮っていないので、一部上記の画像とかぶります。

☆地面と草地
紙粘土やベニヤ板の部分をタミヤアクリルで塗りました。
アクリルを塗った上に、土色のターフやカラーパウダーを撒いて下地の土を作りました。
20170506005.jpg
画像を撮る前に左上だけ先に土色のターフやカラーパウダーを撒いてしまったので、この様な状態になってしまいました。

その後、緑色のカラーパウダーやコーフターフ、フォーリッジを使って草地の部分を制作しました。
20170506004.jpg

☆小物
架線柱と電柱以外の踏切各種は全てプラ材を使って自作しました。
20170506001.jpg
架線柱はカトー製の「単線架線柱」を使いましたが、柱の途中に外灯が設置されているのでプラ棒でそれらしく作りました。
電柱はトミーテック製の「電柱B」を使いましたが、中央にある看板は切り取りました。

道路標識(大型車両通行止め)や看板は画像をもとに「Excel」のオートシェイプで作りました。
20170506006.jpg
Excelを使って絵を描いていたことがあるので、慣れてはいます。
丁寧に作りましたが、いざ印刷をしてみると・・・
20170506007.jpg
小さすぎて文字が全く読めない結果に
1/150スケールなので仕方ありませんですが、ちょっと残念・・・
それでも、踏切に設置すればとても良いアクセントになりました。

以上で、無名踏切のジオラマの制作過程は終わりです。
20170506002.jpg
予定よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、無事に完成できて何よりです。
反省点も多くありますが、良い経験にもなったので、これらを生かして次回の模型制作に反映できたらいいなと思います。
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示