無名踏切のジオラマ その3

無名踏切のジオラマ、ようやくバラストを撒きました。
以下、それまでの制作状況です。

・線路塗装
レールと枕木を塗装しました。
20170429001.jpg
レール側面のさび色はタミヤアクリルのオレンジ(X-6)、ハルレッド(XF-9)、レッドブラウン(XF-64)を混ぜた色を使いました。割合は適当です。
レール表面は同アクリルのメタリックグレイ(XF-56)を薄く塗りました。
枕木も同アクリルのスカイグレイ(XF-19)、フラットアース(XF-52)、レッドブラウン(XF-64)をこれまた適当な割合で塗りました。

・紙粘土・側溝・小物追加
20170429002.jpg
前回、紙粘土で地面を作りましたが、アスファルトの道路はさらに高さがあるので、紙粘土を追加しました。
また線路脇はバラストの節約として紙粘土を追加しました。
側溝ですが、PVの視点から見た踏切の反対側の道路の脇に側溝があることを現地に行った際に気が付いたので、デザインナイフで切って追加しました。
小物ですが、警報器・遮断機の土台、踏切の敷板や側面部はプラ材で作りました。ケーブルカバーと思われるモノもほとんどがプラ材ですが一ヶ所だけホッチキスの針を使いました。

・バラスト撒き
20170429003.jpg
最初はカトー製の「バラスト 灰色 (細目)」を使ったのですが、思っていた以上に色が濃かったので、急きょ同製の「バラスト 明灰色 (細目)」をその上から撒きました。

ジオラマ制作もいよいよ終盤に差し掛かったところでしょうか。
一応、完成目標は来月5日を予定しています。「HAPPY PARTY TRAIN」が発売されて一ヶ月たつので、その日を目標にと思ったところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示