III号戦車(黒森峰ver.)その2

キーボードの調子が悪いので、もしかしたら誤字脱字があるかもしれません。

III号戦車の続きですが、2両同時に黒森峰女学園verに作れるかどうか検証しているため中々進みません・・・。
もう少し制作が進んでから記事にするつもりでしたが、現時点の状態でも意外と記事にすることがあったので、本日「その2」を更新することにしました。

詳細は長いので、「続きを読む」をご覧ください。


検証するにあたって使用しているのが、公式本「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー」とアニメの映像です。
出演時間がかなり短いのですが、明らかに違うところは改修します。

20161222001.jpg
公式キットの説明書には排気口付近にある仕切り板(保護版?)を取り付ける指示がされていますが、作中にはそのようなモノは見当たりませんでした。おそらく間違いと思われるので、パーツB21・B22の取り付けは不要です。
なお、タミヤ製の方にはこのパーツは入っていません。

20161222002.jpg
車体後部にあるワイヤーロープですが、作中にはロープは取り付けられてはおらず、留める金具のみになっています。
公式キットには金具のパーツがありますが、取り付け位置が異なるので、穴を埋める必要があります。
最初は黒丸のところだけだと思っていましたが、よく見るとだいぶ違うことに気づいたので、このあと穴を埋めることにしました。

20161222003.jpg
一方、タミヤ製には金具のみのパーツがなく、ワイヤーロープと金具が一体化しているパーツしかないので、他のキットからの流用やエッチングパーツの仕様、自作などをしないと再現は不可能と思われます。
今回は、タミヤ製の方をネタ仕様で作ることにしたで、ワイヤーロープが取り付けられた状態にしようと思います。

20161222004.jpg
右側のフェンダーにある斧の位置が違うので、場所を変える必要があります。また元々取り付ける場所には穴が開いているので、埋める必要があります。さらに、斧の柄が長いので、切り詰める必要があります。

20161222005.jpg
公式キットであるドラゴン製もタミヤ製も斧の位置と長さが違うので、修正する必要があります。

以上が、これまでに改修したところです。
引き続き検証と改修を進めていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示