ぷちゅあらいず Aqours集合

「ぷちゅあらいず」Aqours全員の組み立てが終わりました。

以下、頭部だけの画像が多くあるので、苦手な方はご注意ください。また、頭部がゴロゴロあるので、かなり混沌としています。

問題ない場合は、「続きを読む」からご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

高海千歌、参上

前回、書きました通りバンダイ製「ぷちゅあらいず ラブライブ!サンシャイン!!」の2年生を制作します。

このキットは3人の内いずれか1人しか作れないので、今回は主人公の「高海千歌」で制作することにします。
20170528001.jpg

ランナーですが、カラフルですね。単色のランナーしか見たことが無いので新鮮です。
20170528002.jpg
余談ですが、カッティングマットを新調しました。古い方は汚れているだけなので、制作物に合わせて使い分けていく予定です。

当キットは、接着剤が必要ないので手軽に進めていけます。また、塗装もシールがあるので塗る手間が省けます。
20170528003.jpg

特にプリーツスカートや襟の白線は塗装だと色々手間がかかりますが、シールは貼るだけいいので非常に楽です。
ただ、タイピンやヘアピン、三つ編みリボンとかの立体物は塗装の方が綺麗に仕上がると思います。
20170528004.jpg
今、気が付きましたが、タイピンのシールがズレている・・・。

最初は手こずることがあるかもしれませんが、慣れれば簡単に出来上がると思います。
20170528005.jpg
素組かつ未塗装でもクオリティは中々のモノですが、やはりプラスティック特有のテカりがあるので、つや消しを吹くだけさらに良くなる筈です。また、お顔が単色でマネキンみたいな感じがするので、お化粧をしてあげるとさらに魅力的になると思います。
それも含めて少し手を加えてみたいと思います。

そして本日、figma「高海千歌」が届きました。
20170528006.jpg
さっそく開けてfigmaとぷちゅあらいずを並べて撮影しました。

良く見たら、figmaの千歌がカメラ目線でない・・・。
20170528007.jpg
figmaもかわらずクオリティが高くて素晴らしいです。ただ、頭のアホ毛が軟質プラとかではないので、誤って折らないように気を付ける必要があります。

引き続き、ぷちゅあらいずの残る2年生と他学年を制作していきます。

近況(2017/05/20)

今になって「けものフレンズ」に興味が湧いてきた管理人です。録画もしていなかったので、どこかで 試聴 視聴(2017/05/28 訂正)できる場所を探さないとな・・・。
私自身、流行に取り残されやすい傾向があるので、色々と損しているんだろうなと思っています。

さて、最近の模型制作ですが「無名踏切のジオラマ」を完成させた後、ミリタリー系のモノが作りたいと思いタミヤ製1/48スケールの「対戦車自走砲 マーダーIII (7.62cm Pak36搭載型)」の制作に取り掛かったのですが、「ラブライブ!サンシャイン!!」熱が継続していたので、急きょバンダイ製「ぷちゅあらいず ラブライブ!サンシャイン!!」を制作することにしました。
まずは、2年生から始めたいと思います。

あと、同バンダイ製の「フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!!」もようやく全員発売されたので、入手してみたいと思います。

無名踏切のジオラマ 完結

一部修正してからジオラマを撮影しました。
ツイッターにアップした画像ですが、こんな感じになりました。
20170506001.jpg

20170506002.jpg

20170506003.jpg

20170506004.jpg
PVと現地を見た方ならわかるかもしれませんが、今作は双方を織り交ぜたものとなっています。

以下、制作過程になりますが、制作過程の画像を撮っていないので、一部上記の画像とかぶります。

☆地面と草地
紙粘土やベニヤ板の部分をタミヤアクリルで塗りました。
アクリルを塗った上に、土色のターフやカラーパウダーを撒いて下地の土を作りました。
20170506005.jpg
画像を撮る前に左上だけ先に土色のターフやカラーパウダーを撒いてしまったので、この様な状態になってしまいました。

その後、緑色のカラーパウダーやコーフターフ、フォーリッジを使って草地の部分を制作しました。
20170506004.jpg

☆小物
架線柱と電柱以外の踏切各種は全てプラ材を使って自作しました。
20170506001.jpg
架線柱はカトー製の「単線架線柱」を使いましたが、柱の途中に外灯が設置されているのでプラ棒でそれらしく作りました。
電柱はトミーテック製の「電柱B」を使いましたが、中央にある看板は切り取りました。

道路標識(大型車両通行止め)や看板は画像をもとに「Excel」のオートシェイプで作りました。
20170506006.jpg
Excelを使って絵を描いていたことがあるので、慣れてはいます。
丁寧に作りましたが、いざ印刷をしてみると・・・
20170506007.jpg
小さすぎて文字が全く読めない結果に
1/150スケールなので仕方ありませんですが、ちょっと残念・・・
それでも、踏切に設置すればとても良いアクセントになりました。

以上で、無名踏切のジオラマの制作過程は終わりです。
20170506002.jpg
予定よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、無事に完成できて何よりです。
反省点も多くありますが、良い経験にもなったので、これらを生かして次回の模型制作に反映できたらいいなと思います。

無名踏切のジオラマ 完成

何とか「HAPPY PARTY TRAIN」が発売されてちょうど一ヶ月が経つ日に完成することができました。
ジオラマの詳細や制作過程は後日書きます。
20170505001.jpg
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示