10式戦車 その1

フィギュアの制作が中々進まないので、フジミ製の1/72「10式戦車 量産型」の記事を書くことにしました。
当キットはこのブログを設立する前に制作していたのですが、サボり癖もあって制作が止まっていました・・・。
今後は出来るだけサボらないように努力する次第であります。

という訳で、これまでの制作状況についてまとめておきます。
一年半ほど前に制作を開始し、塗装をしやすくするために履帯はロコ組みで組み立てました。
20151003001.jpg
1/72スケールもあってかそれほど難しいところは無かったと思います。

昨年の9月にサーフェイサーを吹きました。(2014年9月12日付記事参照
20140912004.jpg
この時にも書きましたが、サイドスカートが無いと何かカッコがつきませんね…。まるで機動戦闘車のようです。

その後、基本塗装としてタミヤカラーアクリル「XF-72 茶色(陸上自衛隊)」を吹いたのですが、こちらは次回の記事で書きます。
スポンサーサイト

10式戦車 その2

相変わらずスローペースですが、10式戦車の方を進めています。

サーフェイサーを吹いた後ですが、写真を撮り忘れてしまったため文章のみです。
20151016001.jpg
タミヤカラーアクリル「XF-72 茶色(陸上自衛隊)」を吹いた後、ロコ組みした履帯部の塗りわけをおこないました。
その後、履帯部とサイドスカートを車体に接着してから同社のアクリル「XF-73 濃緑色(陸上自衛隊)」を吹きました。
さらに、サイドスカートのゴム部分を同社のアクリル「XF-69 NATOブラック」を筆で塗りました。筆塗りなので所々ムラがありますが、逆にゴムっぽさが出ているようでいい感じになったと思います。

まだ細かいところの塗装が終わっていないのでそちらが終わり次第、ウェザリングをおこないたいと思います。

10式戦車 その3

10式戦車、細かい部分の塗りわけをおこないました。
塗装は何れもタミヤカラーアクリルを使用しています。

OVM(車外装備品)の塗装ですが、自衛隊は車体色と一緒だそうです。
ですが、それだとあまりにも単調になってしまうと判断したので、塗り分けることにしました。
20151024001.jpg
円匙や斧などの金属部分は「XF-63 ジャーマングレイ」を、柄の部分は「XF-59 デザートイエロー」で塗り分けました。
ワイヤーロープは「XF-56 メタッリクグレイ」で塗りました。

12.7mmM2重機関銃ですが、塗装する前に銃口をピンバイスで開け、その後に「X-10 ガンメタル」を塗りました。
また、薬莢回収袋の部分は、「XF-49 カーキ」を塗ったのですが、一箇所塗り忘れてしまったのを今気がつきました。
20151024002.jpg
画像ではボケていますが、銃口が少々つぶれています。

細かい部分の塗りわけが終わったと思っていたので、エナメルで軽くウェザリングをしてしまいました。
20151024003.jpg
塗り忘れ部分を塗ったら、改めてウェザリングをします。

10式戦車 完成

10式戦車、少し前に出来ましたが、記事にするのが遅くなってしまいました。

10式戦車
20151108001.jpg
前回、塗り忘れ部分を発見したので、それ以外にも不備が無いか確認していたところ、砲塔後部にあるアンテナが曲がっていることに気がつきました。
箱の中に入れてあったため、曲がってしまったのだと思います。

元に戻すことは不可能でしたので、キットの不要パーツを使うことにしました。
形状が異なるかもしれませんが、小さいので問題ないかと・・・。

その後、ウェザリングとドライブラシを施しました。
1/72スケールなので、どの位まで手を加えると良いのか分かりませんが、これで完成です。
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示