無名踏切のジオラマ その1

少し間が開いてしまいましたが、Nゲージのジオラマ制作中です。

いきなり逸れますが、Bトレ車両の修正です。
前回更新した後に、Bトレ サンシャインのラッピング電車に不具合があると小耳に挟んだので調べたてみたら、前面ガラスパーツのピラーが中央に無いという不具合があることを初めて知りました。
しかも1ヶ月以上前に告知されていたということで、改めて情報収集は大事であることを思い知らされたところです。
パーツですが、発売元のバンダイに問い合わせたら2日後に届きました。
修正後のラッピング電車
20170327001.jpg
これでもう大丈夫でしょう。

本題のジオラマに入ります。
今回はPVの映像を元に進めていきますが、映像では分からないところや不明確なところは、現地の画像を参考に制作していきます。
踏切のパーツ
20170327002.jpg
まず初めに、踏切をプラパーツや真鍮線を使って自作しました。かなり細かいパーツの上に久々の工作だったので、精度はかなり悪いかも。
各名称は塗装後に分かる範囲で書く予定です。
この他にも敷板や柵、道路標識なども作ります。

続いて、レール
20170327003.jpg
カトー製のフレキシブルレールを使います。
元々レイアウトに憧れて買ったのですが、設置場所が無くて泣く泣く断念し、長い間眠っていたモノです。
せっかくなので、ジオラマに使うことにしました。
道床はベニヤ板を使いました。また高さを増やすために二段重ねにしています。

次回は地面作りに入ります。
スポンサーサイト

無名踏切のジオラマ その2

いきなりですが、あさって沼津に行ってきます。その際、無名踏切にも行く予定なので、ようやく現地調査ができそうです。
明日は準備等でブログの更新が難しそうなので、これまでの進捗状況を書きます。

しばらく制作が止まっていた踏切のジオラマですが、ただいま地面づくりをしています。
まず土台ですが、今回はダイソー製「コレクションボックスアーチワイドL型」を使うことにしました。(購入直後の写真を撮り忘れました・・・)
埃が入らない上に安価なので、ジオラマの土台には良いかと思い選びました。

前回、二段重ねにしたレールを土台に接着しました。
20170414001.jpg
ベニヤにはバラストや踏切の位置などを書きました。
一応、配置は向かって左側に踏切を、右側にBトレを置くつもりでレイアウトしました。

線路の位置を決めたら、紙粘土で地面を作っていきます。
20170414002.jpg
PVでは見えませんが、実際の線路脇には側溝があるので、ベニヤ板と紙粘土の境にプラ板で側溝を作りました。

引き続き、地面づくりをしていきます。

無名踏切のジオラマ その3

無名踏切のジオラマ、ようやくバラストを撒きました。
以下、それまでの制作状況です。

・線路塗装
レールと枕木を塗装しました。
20170429001.jpg
レール側面のさび色はタミヤアクリルのオレンジ(X-6)、ハルレッド(XF-9)、レッドブラウン(XF-64)を混ぜた色を使いました。割合は適当です。
レール表面は同アクリルのメタリックグレイ(XF-56)を薄く塗りました。
枕木も同アクリルのスカイグレイ(XF-19)、フラットアース(XF-52)、レッドブラウン(XF-64)をこれまた適当な割合で塗りました。

・紙粘土・側溝・小物追加
20170429002.jpg
前回、紙粘土で地面を作りましたが、アスファルトの道路はさらに高さがあるので、紙粘土を追加しました。
また線路脇はバラストの節約として紙粘土を追加しました。
側溝ですが、PVの視点から見た踏切の反対側の道路の脇に側溝があることを現地に行った際に気が付いたので、デザインナイフで切って追加しました。
小物ですが、警報器・遮断機の土台、踏切の敷板や側面部はプラ材で作りました。ケーブルカバーと思われるモノもほとんどがプラ材ですが一ヶ所だけホッチキスの針を使いました。

・バラスト撒き
20170429003.jpg
最初はカトー製の「バラスト 灰色 (細目)」を使ったのですが、思っていた以上に色が濃かったので、急きょ同製の「バラスト 明灰色 (細目)」をその上から撒きました。

ジオラマ制作もいよいよ終盤に差し掛かったところでしょうか。
一応、完成目標は来月5日を予定しています。「HAPPY PARTY TRAIN」が発売されて一ヶ月たつので、その日を目標にと思ったところです。

無名踏切のジオラマ 完成

何とか「HAPPY PARTY TRAIN」が発売されてちょうど一ヶ月が経つ日に完成することができました。
ジオラマの詳細や制作過程は後日書きます。
20170505001.jpg

無名踏切のジオラマ 完結

一部修正してからジオラマを撮影しました。
ツイッターにアップした画像ですが、こんな感じになりました。
20170506001.jpg

20170506002.jpg

20170506003.jpg

20170506004.jpg
PVと現地を見た方ならわかるかもしれませんが、今作は双方を織り交ぜたものとなっています。

以下、制作過程になりますが、制作過程の画像を撮っていないので、一部上記の画像とかぶります。

☆地面と草地
紙粘土やベニヤ板の部分をタミヤアクリルで塗りました。
アクリルを塗った上に、土色のターフやカラーパウダーを撒いて下地の土を作りました。
20170506005.jpg
画像を撮る前に左上だけ先に土色のターフやカラーパウダーを撒いてしまったので、この様な状態になってしまいました。

その後、緑色のカラーパウダーやコーフターフ、フォーリッジを使って草地の部分を制作しました。
20170506004.jpg

☆小物
架線柱と電柱以外の踏切各種は全てプラ材を使って自作しました。
20170506001.jpg
架線柱はカトー製の「単線架線柱」を使いましたが、柱の途中に外灯が設置されているのでプラ棒でそれらしく作りました。
電柱はトミーテック製の「電柱B」を使いましたが、中央にある看板は切り取りました。

道路標識(大型車両通行止め)や看板は画像をもとに「Excel」のオートシェイプで作りました。
20170506006.jpg
Excelを使って絵を描いていたことがあるので、慣れてはいます。
丁寧に作りましたが、いざ印刷をしてみると・・・
20170506007.jpg
小さすぎて文字が全く読めない結果に
1/150スケールなので仕方ありませんですが、ちょっと残念・・・
それでも、踏切に設置すればとても良いアクセントになりました。

以上で、無名踏切のジオラマの制作過程は終わりです。
20170506002.jpg
予定よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、無事に完成できて何よりです。
反省点も多くありますが、良い経験にもなったので、これらを生かして次回の模型制作に反映できたらいいなと思います。
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示